債務整理 知り合い 聞いた話

実際に債務整理をした知り合い

債務整理をした知り合いからその一部始終をききました。


月々がとても楽になったそうでとても良かったです。

私にも色々な借金がありましたが、もう全部返し終わったので、私とは関係ありません。


債務整理には欠点もありますから、全部返しておいて良かったです。債務整理すると、ブラックリストに載って、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。


ですが、5年の間に持てる人もいます。その場合には、借金を全額返済した場合がほとんどです。信用があればカードを持つこともできるでしょう。

債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、初めに気にかけるべきは着手金及び以後発生する費用のことです。

着手金のだいたいの相場は一社につき二万円程です。


中には着手金0円を謳う弁護士事務所も目にしますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、注意して依頼してください。個人再生に掛かるお金というのはお願いした弁護士や司法書士によって変わってきます。



お金で困窮しているのにそんなの払えないと思っている人でも分割払いもきくので相談できる事になっています。



悩んでいる人は相談した方がいいと感じますね。




借入の整理と一言で言っても多くの種類があるものです。



個人再生とか特定調停、個人返済不能や過払い金請求など様々です。どれも毛色が違うので自分はどれをチョイスすればいいのかというのは専門家に話をして決心するのがいいと思います。


個人再生には何通りかの不利な条件があります。最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に払うお金が多かったという事例もあります。




しかも、この手段は手続きの期間が長くなってしまうので、減額が適用されるまでにかなりの時間がかかることがたくさんあります。

借りたお金の額が多すぎて、にっちもさっちもいかない時は弁護士や司法書士にアドバイスを求めましょう。


もうギブアップという場合は自己破産という手順がふめます。

数年間は海外旅行ができなくなるなどの制限をうけますが、借りたお金は無くなります。個人再生という方法を選ぶためには、安定した収入などのある程度の条件が必要となります。

債務整理を悪い弁護士に依頼してしまうと最悪な事態になるので警戒が必要です。

ネットの口コミなどで調べて良識を持つ弁護士に依頼しなければものすごく高い手数料を請求されることもありますから油断しない方がいいでしょう。

注意する必要がありますね。債務整理を行った後で、というと、利用することはできません。債務整理を行った場合、その後の数年間は、お金をどこに行っても借りられなくなり、信用情報に載ってしまうのです。


利用したい場合には妥当なくらいの年数をおく必要があります。



個人再生とは借入整理の一種で負債をすくなくしてその後の返済を容易にするというものなのです。


これを行うことによりほとんどの人の生活が多少なりとも楽になるという実証があります。かつて私もこの債務整理をしたことによって助かったのです。

 

この前、債務整理のうち自己破産することを選び、無事に処理を終えました。

いつも思っていた返済できない、さらに遅くなったらどうなるんだという不安から解き放たれて、心が本当に軽くなりました。



これなら、もっと前から債務を見直しておけばよかったです。

家族に内密にお金を借りていましたが、とうとう払えなくなり、債務整理する事になってしまいました。




かなり大きな額の借金があり、もう返すことが出来なくなったのです。話を聞いてもらったのは偶然目に入った弁護士事務所でかなり安い値段で債務整理をしてくださいました。



幾つかの金融機関からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月々の返済額がかさんでしまい、経済的な足かせになってしまう場合に債務整理をすることで、負債を全てまとめて一本にすることで毎月の返済額を相当額減ずることができるというたくさんのメリットがあるというわけです。




任意整理をした後に、いくらお金を使う理由があるからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査のタイミングでNGが出されます。一度、信用情報機関のブラックリストに記載された場合、登録が消されるまでには5〜10年の歳月が必要ですので、それより後になれば借り入れが出来ます。



個人再生にはいくらかのデメリットが存在します。一番は高い費用がかかることで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。また、この仕方は手続きの期間が長くなってしまうので、減額してもらえるまでに長い時間を要することが多くあります。



個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士にお願いをするのが一番スピーディーです。弁護士に任せることで、ほとんどの手続きを受け持ってくれます。




途中で裁判所へ足を運んだり、債権者とのやり取りをすることもありますが、複雑なことはほとんど弁護士に委ねることができます。自己破産の利点は免責となれば借金の返済義務から逃れられることです。どうやって借金を返済するか悩んだり、金策に走り回らなくてよくなります。




特にあまり財産がない人にとっては、借金を返すために、手放すハメとなるものがあまりないので、良いことが多いと考えられます。


借金を繰り返してしまって任意整理をする場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを作成しようとしても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査にクリアすることが出来ず、数年間はそういったことを行うことはできないのです。


借金癖がある人には、とても厳しい生活となるでしょう。


銀行でローンを組んでいる場合は、債務整理を行うとその銀行口座を凍結される可能性があります。なので、事前にお金を引き出しておいた方が利口です。銀行は利益を失わないように、口座を凍結してその預金をおろせないようにしてしまいます。


口座を凍結するのはやりすぎだと思うかもしれませんが、銀行側の視点としては、そうでなければ困ることなのです。

債務整理を弁護士、司法書士に頼むとき、最初に気にするべき問題は着手金及び以降発生して来る経費のことです。


着手金のだいたいの相場は一社ごとに二万円ほどなのです。