過払い金とは

過払い金を取り戻す!

過払い金とは、「法律で決められた以上の金利を払っていた場合のお金のこと」を指します。

 

その法律というのは「利息制限法」のことです。

 

「利息制限法」という法律では、金利の上限が細かく決められているのです。

 

例えば、元本が10万円未満の場合は上限金利が「年率20%」。10万円以上100万円未満の上限金利は「年率18%」。100万円以上の場合の上限金利は「年率15%」と定められているのです。

 

そのような法律があるにも関わらず、消費者金融業者などは、利息制限法とは別の出資法という法律を適用するという抜け道を活用して、「年率29.2%」を超えない限りはOKだという独自解釈をしていたわけです。これがいわゆるグレーゾーン金利ですね。そのような状態がずっと続いてグレーゾーン金利は放置されていたわけです。ただそのような高金利によって借金まみれになってしまい、生活が立ちいかなくなる人が続出するというような社会状況になり、このままグレーゾーン金利を放置するわけにはいかないという事になりました。

 

そして2010年に施行された貸金業法及び出資法改正によって、グレーゾーン金利が撤廃されたわけです。その法律が施行されて以降、払い過ぎた金利は返してもらえるということになり、過払い金請求が盛んに行われるようになったわけです。

 

このように、グレーゾーン金利が撤廃される2010年以前から長年に渡って返済を続けている方は、過払い金が発生している可能性があるわけですね。過払い金が発生しているかどうか計算することを「引き直し計算」といいます。司法書士や弁護士にお願いすると、この引き直し計算をしてもらうことができます。そしてその計算に基づいて過払い金があれば、債権者に対する過払い金請求をやってもらうことができるのです。

 

過払い金が発生しているのかどうか曖昧であったとしても、無料相談することで知る事ができます。過払い金には10年という時効もあるので、遠慮したり邪魔くさがらずに無料相談を活用してみればよいと思います。